2022年12月8日

前回の話は人の心理から先回りしてどのような情報を掲載すべきなのかと言うことを考えようと言うところまで話しました。

これはどういうことかと言うと相手が思う望んでいるものを目の前に置いてあげようと言うような話になるので結果的に2022年の現在であれば求めているものと言うものが多様化しているもしくは求めているものを意識するもしくは欲しいと思う条件と言うものが人によって様々であると言うようなことがいえます。

例えば保湿クリームが欲しいと言うだけでは本当のニーズにはたどりつかない。

どういうことかと言うと携帯して外出先で使うのかそれとも家に帰ってお風呂上がりで使うのかでは容量サイズ容器の形と言うものが関わってくる。

また容量によっては、保湿をするクリームに使用期限等の劣化具合の進みと言うことも商品の開発として関係すると言うことが出てくる。

 

と言う事はいつどういうときにどういう人にどう使って欲しいのかと言うことが先に考えないといけないと言うことになります。

そしてその状態いつ誰にどういう時にどう使ってほしいというのが決まった後にその人に対してウェブでどのように伝えていくのかと言うことが決定していく。

そしてGoogleの検索いわゆるSEO対策と言うもので行けばどういうキーワードで上位表示をさせるのかと言うことが目標として見えてくると言う話になります。

そうするとその目的のためにどういう情報をどういうページにどのように掲載をしてそしてそのユーザをどのように誘導するのかと言う設計理論と言うものが必要になってくると言う話になります。