2022年12月8日

ホームページを構成する要素としてはエイチティーエムエルとCSS後は画像素材といったものが1番大きな要素にはなると言う訳になりますがそれはあくまでウェブページとして存在させるために必要な技術において必要の構成要素と言うものでありそれそのものが検索の順位であったり集客に直接つながると言うものではないと言うことを理解しておかないといけないと言うわけです。

またCMSと言われるコンテンツマーケティングシステムみたいな何箇所の情報更新していくようなシステムいわゆるワードプレスなどもそれにあたりこのサイトでもワードプレスで作られてあるものではありますがそのシステムそのものがいいと言うわけではなくてそのシステムを利用した上で伝えたい内容は何なのかと言うことがはっきり決まっていないとその作業自体が全て無駄になる可能性が出てくると言うわけです。

またそういった時に必要な情報が掲載されていないと言うホームページがあったとして注意しないといけないのは少ない情報量でもかっこよく見せようとするビジュアル的な要素で発注書の依頼の意思を汲み取るようなことだけを目指すホームページと言うのも作ることができてしまうと言うことを十分に気をつけないといけない。

それは何故かと言うと美しくかっこいいホームページが必ずしも売れるホームページではないと言うことです。

そもそもユーザと言うものは求めているものがあるかないかと言う所しか基本的には見ていませんそのためにかかる費用はどれぐらいなのかかかる時間はどれぐらいなのかこちらが提示しないといけない情報ややりとりと言うのは何なのかと言うことを先に考えるわけです。

例えば美しいホームページがあったからといってじゃぁ注文住宅といったものが簡単に売れるだろうかってなるとそういうはずはありません。

 

 

扱う金額が大きいと言うものもあるんですけれども注文住宅と言う商品の特性上基本的にはやりとりが発生すると言う風な話になります.。。
ただそのやりとりと言うもの自体がどのような形でどういう風に進めていかれて今自分が置かれている状況でも依頼すれば相談に乗ってくれて細かく動いてくれるんだろうかと言うことが心配になってしまいます。

そしてその上で自分としては思ったような家づくりをしたいできれば金額を抑えたいできれば保証は大きい方が良いなるべく家を長持ちさせたいと言うようなことをが内容として出てくる。

ではその時にビジュアルとしてかっこいい言葉だけが掲載されているホームページでそれを見てすぐ依頼をしたい気持ちが湧いてくるかと言う風な話です。

 

 

家を買うと言う事の場合は家に住むと言う風なことになりますそしてそれが10年20年と住むことが多いと言うことになると言うわけですと言うことであればその方の生活のパタン家族構成子供が生まれるか生まれない家の可能性車をどういう風に止めるのか止めないのかと言う所ペットをいるのかいないのか光熱費をどうするのか暖房空調の効率はどうなのか断熱はどうなのか台風が来た時はどうなるのか雨戸はあるのかないのかにかいにベランダはあったほうがいいのか良くないのかと言うようなことを考えないといけないって言うことになるわけです。

と言うことであればウェブ上に必要な情報っていうのはかっこよく見せるって言う事はゼロでは無いですが主軸としてそれだけがあればいいと言うものではないと言うことがわかります。

 

 

ウェブサイトとして必要なものというのが基本的なユーザのニーズ求めてるもの情報安心感と言うものを感じるための情報を掲載していくべきでありかっこよく美しくきれいにすれば良いと言うものではありません。

もちろん必要な情報があった上でそのかっこいいきれいかわいい美しいといったような要素があればなおさら効果的と言うことにはなりますが、基本的にはそこに予算を作よりも相手が求めているものは何なのかを調べる時間やコスト、またそれに対するAnswer年の答えをどのように伝えようとするのかその表現方法なのかって言うことをまとめることに時間とお金を作方が効果的それの方がユーザとしてはページを見たくなるいろいろ読み続けて行きたくなると言うな状況になりやすいと言うふうになります