2022年10月7日

前に3回投稿しているブログの内容の続きになりますが、ホームページと言うものは何も特殊な技術だからすごいと言うわけではなくて情報をストックしておいて見たい時に見れる人見たい時に見れる人が間Googleの検索などを経由していろいろなページにアクセスをしていろんな人がいろんなページをいろんなタイミングで見てくれると言うところがメリットがあることと言うふうにいえます。

と言う事はページが少なくて美しいホームページって言うもの自体に価値をどれだけ見出せるのかと言う話です。

ですが制作側の話を言うとデザインをすると言うものに関しては非常に高い技術と高い内容の作業を何度も繰り返すと言うような処理が入ります。

だからこそとても費用がかかりとても時間がかかりと言うような代物になるわけです。
ホームページを作ると言うのはその費用が乗っかってくると言うことになるからこそたくさんの費用がかかりそしてそれ以上のリターンがあるからこそホームページに役割あるはずと言えるところなのですが、

今までのブログ記事を投稿していた内容のように必要な相手に必要な情報を伝えると言う細かい切り口と言うものがなければ見てもらえる情報と言うのはほんの一握りの人にほんの一握りのページを見てもらうしかありません。

 

今現在の世の中と言うものは本当に同じ商品だったとしても使用する意図や状況置かれている環境と言うのは人によって本当にたくさんの種類が存在します。

欲をエヴァそのすべての人たちの状況に合わせて伝えたいことを伝えると言うページがあれば1番良いのですが、それをウェブ制作側の会社に依頼をすると言うふうになると非常に高い金額になってしまうと言うことになります。

さらに言えば事業を行うのはウェブ制作外車ではなくあなたです。

 

そのあなたがあなたの事業として大事な部分を他人に任せると言うのはいかがなものかなと言うふうにも思います。

ただ誤解がないように一言伝えておきますがそれでも事業として成立するのであればそれはそれで良いと言う分には私たちは考えます。

ただしほとんどのパターンでその方程式が成り立たないと言う事を経験しているため、自らの事業に対しては自らの意思と熱意と情熱と覚悟を持って対応しないといけないと言うふうに思っていただかないといけない面はあるかと思います。

ウェブに対する技術とか状況と言うものはウェブ外車に聞けばいいんですがあなたの事業の特性やお客さんどういう風にものを値付けしていくのかとかって言う事はやはりあなたが考えていただく分野になると言う風なことです。